2015年02月25日

目覚ましをかけても起きれないのは軽度の睡眠障害

目覚ましをセットしても起きれない。

むしろ定期的な時間に眠くならないというのも睡眠障害の一種です。

無理やりにでも朝起きてしまえば、確かに夜には眠くなるでしょうけど、そもそも朝起きれないから辛いわけで、これも一つの悪循環になってしまいますね。


一番いいのは朝起きた時にすぐに朝日を浴びること。

これによってメラトニンの分泌が活性化されて体内リズムが正常に戻ってきます。

やはりメラトニンとセロトニンのバランスが睡眠を快適にするのに重要ですね。
目覚ましがなくても起きれる人はこのバランスがしっかりしているというわけです。


逆にどうしても起きれないと言う場合は、このバランスがわるいというわけですね。
睡眠障害というほど重度のものでなくても、時間の経過とともに悪化していく可能性もあります。


睡眠の質も自律神経の整い具合と関係してきますので、自律神経の調整も重要になってきます。
全体的に体の調子を診なおして、整えていくことで体内リズムを正常に戻していきましょう。







posted by 自律神経 at 14:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リラックスする方法を覚えれば緊張の緩和も楽になる

リラックス方法がいろいろありますよね?
それらの方法を知っていると、いざ緊張するような場面になった時に緊張の緩和ができるようになります。

とくに軽いパニック障害などの症状を持っている人にとっては、これが凄く重要になってきますね。
緊張状態が続いていると不安も大きくなって、普通なら過敏に反応することの無い出来事にも不安を感じてしまうようになります。

パニック障害にあるような予期不安のような状態になってしまうわけですね。


こういったときに一番効果があるのが、「耳を澄ます」と言う方法。
どういうことかと言いますと、少し静かな環境で、目を閉じて耳から聞こえてくるかすかな音に集中する。

するとだんだんと頭の中で巡っていた雑念が晴れてきて一瞬心が軽くなるのを感じられるはずです。

実はこれ、れっきとした瞑想法の一種なんです。

しかもこの方法は慣れてくると、雑音の激しい場所でも出来るようになります。

騒音をただそのまま感じることができるようになると、集中も簡単にできるようになるんです。


このようなリラックス方法を訓練して緊張を乗り越えましょう。







posted by 自律神経 at 13:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不安の解消に良い飲み物とは?

生活の中で起こる様々な不安を解消するのに、効果的な食材や飲み物などが色々あります。

とは言うものの、実はこのようにネットに書かれた情報を見なくても、本来自然に食事をしていれば必要な栄養素を摂取することは可能なはずなんです。


しかし、この便利になった現代においてはコンビニなどで簡単にお弁当を買えたり好きなものだけを選んで食べれる時代なので、どうしても偏った食事になってしまうでしょう。

ところで不安を解消してくれる飲み物とは一体なんでしょうか?


皆さんも知っているところでは、牛乳がありますね。

カルシウムがやっぱり不安の解消にはすごく良いようです。
牛乳には鉄分も含まれていますが。これも血液の健康にも重要ですし、自律神経失調症を治すのに大事な血行の改善に一役かってくれます。


ただ日本人はあまり牛乳が体質的に体に合わない場合もあるので、本来の食生活から考えて煮干しなどの小魚類でカルシウムを摂るのもいいかもしれませんね。










posted by 自律神経 at 13:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。