2015年02月21日

目覚ましをセットしても起きれないのも原因はセロトニンにあった?!

目覚まし時計を準備して、朝遅刻をしないように備えていても、それでも起きられないのには、実は気合いや根性以外にも原因があります。


それは体内リズムが崩れているということ。
確かに気合いで起きようと思えば起きれるのかもしれませんが、基本的に人間には体内時計のような時間感覚が備わっていて、本来は起きようと思う時間に勝手に起きることも可能なんです。


それが出来ないとしたら、それは体内時計が狂ってしまっているだけ。

なにも気合いが足らないなんて精神論に悩まされる必要はないんですね。


そしてそのリズムが崩れている原因はセロトニン不足による自律神経機能の低下。

交感神経・副交感神経の切り替えがうまくいかないために起こってしまっているんです。
本来人間は朝日を浴びて起床して、日が沈めば眠くなるというサイクルで生活するようにできています。

しかし、現代では蛍光灯の明かりやコンビニが24時間いつでもあいていて煌々と電気をつけていたり、パソコンやスマートフォンなどの機器によっても、夜でも強い光が目に入ってくるために、生体リズムがずれやすくなってしまいます。








posted by 自律神経 at 18:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セロトニンを増やすトリプトファンが含まれている食べ物

トリプトファンというアミノ酸がセロトニンを作る原料となります。

このトリプトファン、チーズやバナナ、お肉や納豆などに豊富に含まれています。

セロトニンが減少するとなにかと体に不調が出てくるので、偏食気味にならないように注意したいところですね。

セロトニンを増やす食べ物は比較的にタンパク櫃を多く含む食べ物。
なのでとくに普段お菓子やタンパク櫃だけでお腹いっぱいになってしまっている人が不足している場合が多いです。


一日に必要なトリプトファンの量は体重60kgで一日に120mg

仮にバナナだけでこの量を摂ろうとすると、平均的なバナナの大きさが100〜120g
バナナ100g中に含まれるトリプトファンの量は10mg

ということはバナナ1.2kg分、およそ10本食べなくてはならない計算ですね!
これはさすがに毎日続けるのは大変です。

とは言うもののバランスよく食事をしていれば摂取できる分量なので、しっかりとした献立をたてて生活していれば問題はないはずです。






posted by 自律神経 at 14:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原因のわからないイライラ感はセロトニン不足によるもの

イライラの原因がよくわからない。
でもなんだか不安で夜も眠れず、ちょっとした人の言動や環境の変化などでもイライラしてしまう。


よ〜くあとから考えるとなぜあそこまでの怒りの感情が湧いてきたのか、不安感に押しつぶされそうになったのか自分でも理解できない。


そんな場合は脳内ホルモンのバランスが著しく崩れているかもしれません。


不安やイライラはアドレナリンによってもたらされません。
これは興奮や緊張状態を作り出す神経伝達物質。

このようなストレス状態が続くと、人はこれをなんとか抑えようとストレス解消するためにいろいろと無意識に試みるようになります。

健全なものならば、運動をするカラオケで熱唱するなどの方法もありますが、そのような方法で積極的にストレスを解放していない場合、甘いものをを欲して暴飲暴食をしたり、買い物やお酒などを過度に求める「依存症」に発展するケースもあります。


それらは脳内で幸福感をもたらしてくれるドーパミンを大量に放出させます。

ですが、このように常にイライラと幸福を行ったり来たりしていては情緒不安定で落ち着きませんね?


それらを制してくれるのがセロトニンの役割。
なので先ほど説明したような激しい感情の変化の中ではセロトニンも大量に消費されてコントロールがいつしか効かなくなってしまうのです。






posted by 自律神経 at 11:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソコンやスマホを長時間やる人は自律神経失調症になる確率が高いです

パソコンやスマホをやりすぎたせいで、なんだか体調が優れない。


長時間の目の酷使や首・肩の極度のこりがあって、言いようのない不安感や不眠の症状が出ている。
それを相談しに病院に行ったけど、問題が無いと言われて返される。


こういった状態の人は自律神経失調症の可能性が非常に高いですね。


PCやスマホの画面から発せられる光に交感神経が過敏に反応して、必要以上に興奮・緊張状態と保ってしまいます。
くわえて、長時間同じ姿勢でいると筋肉が硬直して血流が悪くなるんです。

猫背で作業してしまうと頭を支えようとして、首や肩の筋肉が硬直してしまい、頭部への血流を阻害してしまいます。


こうなってくると自律神経失調症へますます近づいて行ってしまうことに。

とくに突発的な症状と言うものが無いために、慢性化しやすく、放っておくと生活に支障をきたす場合が・・・・。


病院で具体的な体の不具合が無いと言われても調子が優れない場合は、心療内科などにご相談されると良いかもしれません。







posted by 自律神経 at 11:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メンタルが弱いのが悩みという方は自律神経失調症に注意!

自律神経のバランスを崩しやすい人は、大体がメンタルが弱いということをご自身で悩んでいる場合があります。


医学的に見れば自律神経の機能が正常に働いているかは脳内ホルモンや神経伝達物質の影響なのですが、やはりそれらのものも、気持ちの持ちようからバランスを崩していることがあります。


常に不安や緊張をしている状態だと、交感神経が優位に立っています。
交感神経と副交感神経のバランスによって自律神経は機能するように出来ています。


目覚めたり眠くなったりのバイオリズムなんかも自律神経が交感神経・副交感神経をちゃんと制御してくれているおかげです。

しかしメンタルが弱いということ自体を悩みに思っていると、不安が不安を呼んできます。
これによって常に言いようのない不安が付きまとうことになってしまうのです。


そのままいつも不安なままでは将来的に自律神経失調症になる可能性も高くなってしまうでしょう。


まずはメンタルがいかに弱くても、今こうして生きていることに感謝することでほんの少し気持ちが軽くなるかもしれません。

それと、人が社会生活を送る上でストレスにさらされることは避けられません。

そして意外と平気そうな顔をしているあの人も、心の中では「私はなんてメンタルが弱いんだろう?」なんてあなたと同じ悩みを抱えているもの。


そのような悩みは誰でも持っているものです。
一人じゃないんですね。








posted by 自律神経 at 03:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沈んだ気持ちを切り替えられないのはセロトニンが足りないから?

普段の生活の中で気持ちが沈んでしまうことってあると思うんです。

それ自体は人として普通な事なんですが、その気持ちを切り替えるのって大変ですよね?


しかも考え方や行動だけで切り替えようとしても、なかなか簡単にいかない時もあります。


そんなときは自律神経の乱れを疑ってみた方が良いかもしれません

というのも、セロトニンの減少によって自律神経がうまく制御できなくなっていると気分にむらが出てきたり、不安感がどうにも抑えられなくなったりしてしまいます。


確かに体と心は連動しているので、セロトニンの不足だけが全ての原因と言うわけではないので、一概には言えませんが、それによって脳内の神経伝達の動きが鈍っているケースも少なからずあるのです。


それでも気持ちの切り替え方を知っていれば、不安になる以前に安心感がありますから、精神衛生的にも良いですよね。


単純な方法では、お笑い番組を見て笑うなど笑顔でいることに重点を置いてみるといいでしょう。









posted by 自律神経 at 02:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事でのストレスを和らげてリラックスするには?

仕事をしているを日々ストレスをたくさん受けるものですよね?

しかしこのストレスを放っておかずにリラックスすることで、自律神経に過度に負担をかけないようにすることができます。


ただリラックスすると言っても、毎日の激務の中ではなかなかリラックスするのは難しいのかもしれませんね。


もし本当に時間が無い場合でもリラックスする良い方法があります。

それは「深呼吸」


5秒間吸ったら7秒間吐くくらいのペースで10回くらい、目をつぶりながらやればほんの少し緊張が取れるはずです。


とにかく一瞬でもリセットできればいいので、肩に力が入ってるなとか、イライラしてるなと感じたら出来る限り深呼吸する時間を作ってみましょう。


仕事の合間でもストレスを自在にコントロールする術を覚えれば、逆に仕事の能率も上がりますし、自律神経への負担も減ることでしょう。


日頃から意識してリラックスを心がければ自律神経失調症を早期に改善することも可能です。





posted by 自律神経 at 02:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神経伝達物質の不足は病気のもと

脳内ホルモンであるセロトニンやドーパミン。

これらの物質が減ってしまうと自律神経失調症につながってきます。


自律神経失調症は、それ自体は生命の危機を及ぼすことはありませんが、生活に支障をきたしたり深刻な体の病気に発展したりと言うことは考えられます。


異常な寒気(悪寒戦慄)や、逆に暑がりすぎるなどの体温調節の異常などによって、生活がままならない状況になってしまう人もいます。

更には抵抗力が落ちてしまって、様々な病気を発症してしまう場合もあります。


こうならないために、自律神経の状態を改善しておく必要があり、そのためには神経伝達物質の材料となる食材をしっかりと食べてリズムを正しく就寝するなどのことを心がけたいものです。



神経伝達物質の重要性はこれだけではなく、無気力や依存症などと言った症状にもものすごく影響を及ぼすものなので、しっかりと体を管理することをオススメ致します。


これらが不足することが病気のもととなるということが先にわかっておけば、それほど怖がることでもないですね。







posted by 自律神経 at 01:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不安解消の方法を学べばセロトニンの減少も抑えられる

不安に思った時、それを解消する方法がわかれば、それ以上に不安を助長する必要はなくなります。


しかし困ったもので、「これ以上不安にならないように」「もう緊張しないように」などと思えば思うほど、人間その感情の方が強くなってしまうことってありますよね?


これが全体に正解と言うわけではありませんが、不安を解消する一つの方法として、「あえて不安をあおる考えを目一杯してみる」という方法があります。


考えないように考えないようにすればするほど、その恐れは増大してくる。
しかも考えないようにしているから、実際にそうなった時の対応策もシミュレーション出来ていない。


だったらこの際、思いっきり嫌な目にあっているところを想像してみる。
そうすることで、実際に悪いことが起きたとしてもさほど動じなくなるかもしれません。


そうやって不安や恐怖に振り回されなければ、とりあえずセロトニンの減少を酷くすることは抑えられるでしょう。

不安なときは、あえて不安に飛び込んでみる勇気が自律神経の改善には必要なのかもしれません。






posted by 自律神経 at 01:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体と心のバランスは直結しています

体と心のバランス直結していて、連動しています。


昨今、パソコン作業やスマホを日常的に利用しているために、うつむいたような姿勢が当たり前になって来ていますね。


しかし考えてみても、自信を持って行動している人は胸を張って歩いていますが、落ち込んでいる人というのはうつむいています。


これは逆に言えば、自信が無くても胸を張った姿勢でいれば自信が出てくるし、元気であってもうつむいていれば落ち込んでくるということ。


現代社会の深刻な弊害でもあるうつ病は、先ほど申したようなスマホやパソコン漬けの生活習慣も原因なのだと思います。


つまり体のバランスを整えることが、直接的に心のバランスを保つ事にもつながってくるというわけです。


体の状態を保つのに大事なのは食事と生活リズム、そして環境です。

これらのことを念頭に置いて、生活の中で必要以上に体の調子を崩さないように心がける必要がありますね。

とくに自律神経の乱れを感じる方は、この辺の事に注意するべきでしょう。







posted by 自律神経 at 00:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心のバランスを崩す要因は「考え方の偏り」

心は容易にバランスを崩すものです。


しかし問題は、この崩れをそのまま放置するかどうか。

感情は移り変わるので、確かに放置していても問題は無いのかもしれません。
しかし、その崩れの原因となったものを放っておくと、今後も同じような結果にしかならないでしょう。


そして、その原因となるのが「考え方の偏り」です。


人は幼少期からのトラウマや環境への順応をするために周りに教えられてきた"常識"などの枠組みのなたで生きています。

当然、社会の中で模範的な行動をとることは人間的な生活を送る上で必要な事ではあります。

ただ、これがあまりに不安定な環境に長く身を置いていた、例えばいじめや両親の不仲・離婚など様々な環境が原因で過剰に反応すると、それは偏りとなってしまい、普通の生活の障害となる場合すらあります。

このように心がバランスを崩す原因が思考にあるとわかると、少しは対応のしかたが変わってくるかもしれません。


この原因を探ることをせずに自律神経の改善だけを求めても根本的な解決には向かわないものなんですね。








posted by 自律神経 at 00:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心のバランスが取れないとどんな症状が起きるのか?

我々が生きていく中で心は常に移り変わります。


喜怒哀楽の感情に振り回されて過ごすことになる日もあるかもしれません。
そんな中でもなんとかバランスを取りながら生きていく必要がありますね。


このような心理的な感覚も、自律神経の機能を良い状態に保つためには必要です。


しかし、なかなか厄介なのが、感情と言うのはコントロールが効かないということ。

対人関係や恋愛などの人間関係においても、感情に振り回されることで、問題が怒ってしまう場合もありますよね。


そんな心の状態を平常な状態に保ち、バランスを保ち日々の生活の中で物事にうまく対処することで、自律神経の乱れを防ぐことが可能になります。


そして、もし「バランスが取れない」と感じた時には、何よりもまずは休むことですね。


さらに、その休む時も焦りを持たずに休むことが肝心です。

焦っていては結局のところ緊張状態が続いてしまって、自律神経の乱れにつながってきてしまうからです。


日々の心の考え方の習慣が、健康の第一歩なのかもしれませんね。







posted by 自律神経 at 00:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。