2015年02月25日

恋愛で心のバランスを崩さないように

恋愛は人生において心を豊かにしてくれるものですが、時にバランスを崩してしまう原因にもなるかもしれません。

失恋などが原因でうつ病やパニック障害・自律神経失調症につながる場合もあるようですね。


実はこれもセロトニンの減少が原因にあります。

緊張状態が続く場合は交感神経が優位になっていて、アドレナリンが過敏にでているために、それを抑えようとセロトニンが過剰に使われて減っていきます。

これと同じように、実は幸せを感じるホルモンであるドーパミンも過剰すぎると、それを抑えようとセロトニンを大量に消費することになります。

脳内物質はそのうちのどれかだけでも多すぎるとバランスが崩れてしまいます。
適度なストレスと適度な幸せ感、そして適度な落ち着きが一番バランスのとれた状態。


こう考えると、実は恋愛において心のバランスを保つには、相手との関係において求めすぎず離れすぎずを心がけるのが一番いいのかもしれませんね。

それこそが良い恋愛関係を保ちながら、自分自身のバランスを保つ唯一の方法なのかもしれません。







posted by 自律神経 at 14:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目覚ましをかけても起きれないのは軽度の睡眠障害

目覚ましをセットしても起きれない。

むしろ定期的な時間に眠くならないというのも睡眠障害の一種です。

無理やりにでも朝起きてしまえば、確かに夜には眠くなるでしょうけど、そもそも朝起きれないから辛いわけで、これも一つの悪循環になってしまいますね。


一番いいのは朝起きた時にすぐに朝日を浴びること。

これによってメラトニンの分泌が活性化されて体内リズムが正常に戻ってきます。

やはりメラトニンとセロトニンのバランスが睡眠を快適にするのに重要ですね。
目覚ましがなくても起きれる人はこのバランスがしっかりしているというわけです。


逆にどうしても起きれないと言う場合は、このバランスがわるいというわけですね。
睡眠障害というほど重度のものでなくても、時間の経過とともに悪化していく可能性もあります。


睡眠の質も自律神経の整い具合と関係してきますので、自律神経の調整も重要になってきます。
全体的に体の調子を診なおして、整えていくことで体内リズムを正常に戻していきましょう。







posted by 自律神経 at 14:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リラックスする方法を覚えれば緊張の緩和も楽になる

リラックス方法がいろいろありますよね?
それらの方法を知っていると、いざ緊張するような場面になった時に緊張の緩和ができるようになります。

とくに軽いパニック障害などの症状を持っている人にとっては、これが凄く重要になってきますね。
緊張状態が続いていると不安も大きくなって、普通なら過敏に反応することの無い出来事にも不安を感じてしまうようになります。

パニック障害にあるような予期不安のような状態になってしまうわけですね。


こういったときに一番効果があるのが、「耳を澄ます」と言う方法。
どういうことかと言いますと、少し静かな環境で、目を閉じて耳から聞こえてくるかすかな音に集中する。

するとだんだんと頭の中で巡っていた雑念が晴れてきて一瞬心が軽くなるのを感じられるはずです。

実はこれ、れっきとした瞑想法の一種なんです。

しかもこの方法は慣れてくると、雑音の激しい場所でも出来るようになります。

騒音をただそのまま感じることができるようになると、集中も簡単にできるようになるんです。


このようなリラックス方法を訓練して緊張を乗り越えましょう。







posted by 自律神経 at 13:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不安の解消に良い飲み物とは?

生活の中で起こる様々な不安を解消するのに、効果的な食材や飲み物などが色々あります。

とは言うものの、実はこのようにネットに書かれた情報を見なくても、本来自然に食事をしていれば必要な栄養素を摂取することは可能なはずなんです。


しかし、この便利になった現代においてはコンビニなどで簡単にお弁当を買えたり好きなものだけを選んで食べれる時代なので、どうしても偏った食事になってしまうでしょう。

ところで不安を解消してくれる飲み物とは一体なんでしょうか?


皆さんも知っているところでは、牛乳がありますね。

カルシウムがやっぱり不安の解消にはすごく良いようです。
牛乳には鉄分も含まれていますが。これも血液の健康にも重要ですし、自律神経失調症を治すのに大事な血行の改善に一役かってくれます。


ただ日本人はあまり牛乳が体質的に体に合わない場合もあるので、本来の食生活から考えて煮干しなどの小魚類でカルシウムを摂るのもいいかもしれませんね。










posted by 自律神経 at 13:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イライラや不安は漢方で治せるのか?

イライラや不安感は漢方で実際に治せるのでしょうかね?

確かに東洋医学での気の流れなどを考えたものが漢方ですから、体に良いものでありますね。

ただやはり自律神経の乱れや神経症などの症状が出てから、すぐに直るには漢方だけでは難しいかもしれません。
そのかわり自然な材料で出来ているために極端な副作用などはありません。

なので普段から摂取することが肝心になるでしょう。

もしまだ症状が激しくないのならば、養命酒などで代用も可能です。

さらには薬局でも漢方の代わりになる各種のお茶などもあるので、症状に合わせて用いると良いでしょう。


では、イライラや不安を抑えるには、どのような漢方を用意すればよいのか?

とにかくまずは血行促進に効くものを探すと良いでしょう。
自律神経失調症の原因は一説には首のこりだと言われています。

体と頭をつなぐ首には、当然人間の生命維持に大切なものが密集して通っています。
ここの部分の血行が悪くなると、行ってみたら都会の中枢の交通網が多い所で、突然両側一車線しかない道路になっていまっているようなものです。

そんな状態では流れるものもながれません。

それに加えて、そもそもから血行が悪いとそれ自体で体にいろいろな症状が出てきてしまいます。








posted by 自律神経 at 13:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレスが大きくなってくると症状として"かゆみ"等が出てくる時もあります。

ストレスの症状としてかゆみが出てくる場合があります。


かゆみの原因はヒスタミンですが、これがアレルギー症状の原因でもあります。
ストレスが過剰にあると体内のバランスを崩してしまい、本来体に害のないものが必要以上に増えてしまったりとバランス制御が効かなくなる場合があります。


これも自律神経の乱れが関係してくるんですね。
交感神経優位の状態が体にあまりよくありません。


そのままストレス過多の状態では、体のバランスが崩れて当然です。
そのストレスを出来る限り緩和する必要があるでしょうね。


しかもストレスによって出た症状であるかゆみが、更なるストレスを呼んできてしまいます。
かゆみ自体が大変だとは思いますが、そうなる前に食材や運動などの生活習慣に気を使って体の具合を整えていきましょう。


ただし急激にかゆみが出るような場合はストレス以外にも原因があるかもしれないので、早い段階で病院に行かれるのが賢明だと思います。

ストレスを溜めこまないことが、一番大事ですね。







posted by 自律神経 at 12:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セロトニンとメラトニンが睡眠には重要なカギです!

快適な睡眠に欠かせないのが、セロトニンとメラトニンのバランスです。


この二つの脳内物質は体内のリズムを整えるのに非常に重要な役割を持っています。
人間はただ勝手に朝になれば起きる仕組みになっているわけではなく、これらの神経伝達物質がしっかりとそれらの指令を送ってくれているのです。

しかし日光を浴びる機会が減ってしまったり、昼夜逆転の生活をしていたりすると、これらの神経伝達物質の分泌が弱くなったり、リズムが崩れたりして、睡眠の質を下げてしまいます。


これは非常にわかりやすく悪循環をもたらしてしまいます。
というのも、寝ている間と言うのは脳を休ませる働きの他にも、体の機能の回復・修復をしてくれていますよね?

筋肉や骨が寝ている間に修復されているように、脳内の神経伝達物質が生成されていくのも就寝中です。
つまりこの回復が阻害されることで、余計に睡眠の質を下げてしまうわけですね。


セロトニンとメラトニンをしっかりとバランスよくしていくことが、良い睡眠をして自律神経を整えるのに役立ちます。







posted by 自律神経 at 11:49 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気分の落ち込みを回復してくれるサプリ

年間を通しても、気分が落ち込みやすい時期というのもあります。

冬場はうつ病にもなりやすいですし、梅雨時は太陽光を浴びる機会が減るためにやはり落ち込みやすくなります。


普段の食事や運動、ストレッチなどを生活習慣に取り入れていれば回復も早いのですが、なかなか忙しい現代人にとっては難しいものですよね?

自律神経が崩れる原因は神経伝達物質の不足でもありますので、それらを補うサプリを摂取することで回復を速めることもできます。


自律神経の調節に一番重要なのがセロトニン。

そしてサプリで補うにはいろいろな方法があります。
セロトニンの原料となる成分を摂取することで、直接セロトニンの量を増やす方法。

他には神経伝達物質は放出された後に、受容体と呼ばれるレセプターに受け取られて初めて機能するのですが、その放出されたものを効率よく受け取れないと無駄に放出されてしまってセロトニンの分量が減ってしまうので、それをコントロールする方法です。

落ち込みやすい気分をサプリの力を借りて回復に向かわせるのも一つの手ですね。







posted by 自律神経 at 11:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレスを和らげてリラックスさせてくれるグッズが世間ではいろいろあるそうです

ストレスを感じた時にリラックスさせてくれるグッズが世の中ではたくさん出回っているようですね。

ただそのようなグッズを毎回持ち歩くわけにもいかないですし、出来れば何も道具の無い状態でもストレス解消が簡単にできたら良いですよね?


ストレスを手軽に解消して、自律神経の乱れを改善するには、とにかく副交感神経を優位にすること。


つまりいつでもどこでも副交感神経を優位にすることをやって、それが応用できればよいわけです。


まずは呼吸。
厳密には息を吐くときが副交感神経優位になっている状態。

なのでゆっくりを長く息を吐くことが出来ればいいわけです。
ただ、これって意識するのって大変ですよね?

これを応用するとなるとそうするか?

そうです!歌いましょう!

歌なら自然な形で息をゆっくりと吐き続けろことになります。


人目がある場合ではできませんが、ちょっとひと気のない場所で歩きながら大きな声でなくとも歌えばストレスも緩和できてリラックス。
しかもストレス緩和用のグッズを使わなくてもできる方法なのでお勧めです。







posted by 自律神経 at 02:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心のバランスを保つのはなかなか大変なもの

毎日の仕事や家庭での人間関係でのストレスの中で、心のバランスを保つのは非常に大変なことです。

周りの人は自分の思ったように行動してくれなかったり、自分の意図したこととは逆の事をしたりと、本当に疲れるものですよね?


こういったことが原因で自律神経が乱れることもあります。

過度にストレス状態を感じ続けていると、交感神経がずっと優位な状態になってしまいます。
これが日常的になってくると、常に興奮や不安が助長されてしまいます。


心のバランスを保つことが、直接体のバランスを整えることにもつながります。


確かに人間関係がストレスの原因になるのは当然なのですが、だからと言って人間関係を断つわけにもいきませんよね?

ましてや仕事では簡単に部署が変わったりしてもらえるわけでもなく、ある程度はそこにいる人たちとの間柄でなんとかしていかなくてはなりません。


やはりストレスを感じたり、嫌な事を言われたときに反撃にでたり嘆いたりする前に必ず一度は深呼吸をして最低でも5秒は数えてから次の行動に移しましょう。

というのも人間、嫌なことが起きている時と言うのは、その後のリアクションが大体の場合周りにとっても嫌な感じのもの。


結局は自分がしたことが返ってくるのですから、嫌なことを言われたりされたりしても、そのまま返すのではなく、一呼吸を置いてから行動する。


こうすることで、ストレスを和らげ、自律神経にとってもやさしい毎日を過ごせるのではないでしょうか?










posted by 自律神経 at 02:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すぐにイライラしたりムカついたりするのは交感神経優位になっているからです

自律神経の乱れで副交感神経のとのバランスをとれなくなった交感神経が優位になったしまうと少々のストレスでも過敏に反応してしまって、イライラやムカつきが激しくなってきます。


いろいろな事柄に対しても過敏になってしまうために、不安障害や不安神経症などを発症してしまうケースもあります。


これらの神経症が極端なものになってくると全般性不安障害などのようなものに進行していく可能性もあるでしょう。


交感神経と副交感神経と言われても、その違いが良くわからないかもしれませんね。


交感神経と言うのは、我々が起きている時、あるいは何かに興奮していて神経過敏な状態になるために脳内に発せられる神経伝達物質によって引き起こされる状態です。

これに対して副交感神経はリラックスしている時や、就寝時などのように落ち着いた状態を言います。


一般的にリラックスした状態の方が良いと言われていますが、実はこの交感神経・副交感神経は、そのどちらかだけが強くなっても体のバランスを崩してしまいます。


交感神経が優位になっていると、確かに不安感が強くなりすぎたりと問題はあるものの、逆に副交感神経優位では、朝起きれないとかアレルギー体質になったりということが起きてしまいます。







posted by 自律神経 at 02:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。