2015年02月25日

ストレスが大きくなってくると症状として"かゆみ"等が出てくる時もあります。

ストレスの症状としてかゆみが出てくる場合があります。


かゆみの原因はヒスタミンですが、これがアレルギー症状の原因でもあります。
ストレスが過剰にあると体内のバランスを崩してしまい、本来体に害のないものが必要以上に増えてしまったりとバランス制御が効かなくなる場合があります。


これも自律神経の乱れが関係してくるんですね。
交感神経優位の状態が体にあまりよくありません。


そのままストレス過多の状態では、体のバランスが崩れて当然です。
そのストレスを出来る限り緩和する必要があるでしょうね。


しかもストレスによって出た症状であるかゆみが、更なるストレスを呼んできてしまいます。
かゆみ自体が大変だとは思いますが、そうなる前に食材や運動などの生活習慣に気を使って体の具合を整えていきましょう。


ただし急激にかゆみが出るような場合はストレス以外にも原因があるかもしれないので、早い段階で病院に行かれるのが賢明だと思います。

ストレスを溜めこまないことが、一番大事ですね。







posted by 自律神経 at 12:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。