2015年02月25日

イライラや不安は漢方で治せるのか?

イライラや不安感は漢方で実際に治せるのでしょうかね?

確かに東洋医学での気の流れなどを考えたものが漢方ですから、体に良いものでありますね。

ただやはり自律神経の乱れや神経症などの症状が出てから、すぐに直るには漢方だけでは難しいかもしれません。
そのかわり自然な材料で出来ているために極端な副作用などはありません。

なので普段から摂取することが肝心になるでしょう。

もしまだ症状が激しくないのならば、養命酒などで代用も可能です。

さらには薬局でも漢方の代わりになる各種のお茶などもあるので、症状に合わせて用いると良いでしょう。


では、イライラや不安を抑えるには、どのような漢方を用意すればよいのか?

とにかくまずは血行促進に効くものを探すと良いでしょう。
自律神経失調症の原因は一説には首のこりだと言われています。

体と頭をつなぐ首には、当然人間の生命維持に大切なものが密集して通っています。
ここの部分の血行が悪くなると、行ってみたら都会の中枢の交通網が多い所で、突然両側一車線しかない道路になっていまっているようなものです。

そんな状態では流れるものもながれません。

それに加えて、そもそもから血行が悪いとそれ自体で体にいろいろな症状が出てきてしまいます。








posted by 自律神経 at 13:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。